カードローンでおまとめローンが出来る審査の甘い金融は?

カードローンでおまとめや借り換えは可能か?

結論から言いますと・・・・カードローンでおまとめ一本化や借り換えは十分可能です。

 

後は自分の属性や自分の年収に合ったおまとめローン(カードローン)を探す事が大事だといえます。

 

 

おまとめローン向けのカードローンは数多くあります。

 

 

 

大口融資化している今のカードローンサービス

 

 

カードローンは万人向けのローンとして人気があります。

 

 

担保や保証人が不要のフリーローンというお手軽性が多くの人に支持されております。

 

 

 

フリーローンという性質上、「小口融資」が基本です。

 

多くのカードローンは融資額が50万円位が普通です。

 

 

 

多いところで100万円の融資限度額です。

 

 

 

しかし、昨今ではカードローンのサービスは大口融資化しております。

 

最高限度額も300万円⇒500万円⇒700万円⇒1000万円と年々大きくなってきております

 

 

 

特に銀行カードローンや一部の大手信販会社のカードローンはその傾向が強いです。

 

 

 

確かにこれらの最高限度額は、あくまでも「最高限度額」であって全ての人が700万円とか1000万円といった大口で借りれるわけではありあせん。

 

「みせかけの限度額」といってしまってはそれまでですが、それでもやはり属性の高い人や年収の高い人には、それなりの大口で融資を行うカードローンも少なくありません。

 

 

 

おまとめローンとは?

 

おまとめローンとは、別名『借り換えローン』とも言います。

 

 

 

複数の多重債務を一つの大口ローン会社に借り換えを行い借金を一本化してすっきりさせるのがおまとめローンの役目。

 

このおまとめローンのサービスは昔からありました。

 

 

 

おまとめローンのサービスを行っている所は「大手消費者金融」だったり、信販会社だったり、都市銀行や地方銀行だったり、街金などもおまとめローンの商品があります。

 

また不動産担保ローンにもおまとめローンの性質があります。

 

 

 

ちなみに、おまとめローンは総量規制例外のローンです。

 

 

 

通常、消費者金融、カードローン、キャッシングなどを提供している金融会社は総量規制の法律を遵守しなければなりません。

 

この法律はお客の年収の3分の1を超える融資をしてはいけないことになっています。

 

 

 

しかし、おまとめローンはこの総量規制の法律とは例外で年収の3分の1を超える融資を行ってOKとなっています。

 

なぜ、総量規制の例外なのかと言いますと・・・・お客(借り手)が一方的に有利になる融資だからです。

 

 

 

大口融資化しているカードローンはおまとめローン向きか?

 

先ほども書きました通り、昨今のカードローンサービスは大口融資化しております。

 

限度額が最高500万円なんてのは当たり前の時代。

 

 

 

中には700万円とか1000万円の最高限度額を設けているカードローン会社もあります。

 

これらの大口化したカードローンはおまとめローンのサービスとして非常に適しております。

 

 

 

つまりカードローンはおまとめローン向きといえます。

 

 

実際に、「おまとめローン可能」と表記されている銀行ノカードローンなども最近は多く見かけます。

 

 

どこのカードローンがおまとめローン向けか?

 

 

カードローンのサービスも色々な会社や組織が行っています。

 

 

大手の消費者金融会社、信販会社、都市銀行、地方銀行、信用金庫、街金など。

 

 

その中で最もおまとめローン向けの組織といえば、やはり銀行のカードローンではないでしょうか?

 

 

 

金利の安さ、安心感、お手軽性、利便性、総量規制対象外など・・・・全ての面で一番おまとめローンとして優れていると思います。

 

 

 

銀行カードローンにも「都市銀行」、「地方銀行」、「信用金庫」、「ネット銀行」など色々分類されておりますが、金利面、限度額、貸付条件などは何処の銀行もそれほど大差はありません。

 

自分の好きな銀行ノカードローンを利用すれば良いでしょう。

 

 

 

しかし、銀行カードローンの審査基準は、消費者金融系や信販系より少し厳しめです。

 

正社員として働いている正規雇用者のサラリーマンや公務員向けでしょう。

 

 

 

アルバイト勤務、パートタイマー、派遣社員、自営業者などの非正規雇用者や自由業の人は銀行カードローンの審査に通らない場合もあります。

 

そう言う人は属性が低い人向けの消費者金融系カードローンや信販系カードローンなどを選ぶと良いです。

 

 

 

街金系のおまとめローンは、確かに審査は甘いですが金利はあまり安くありません。

 

最後の手段として利用すれば良いでしょう。