審査が通りやすい消費者金融の特徴や共通点

審査が通りやすい消費者金融ってどんなイメージ

皆さんは審査が通りやすい消費者金融に対してどんなイメージをお持ちになりますか?

一般的に審査が通りやすい消費者金融をイメージを取り上げてみますと・・・・・・「審査が甘い」、「簡単にお金が借りれる」、「アルバイトでもOK」、「ブラックOK、「街金」、「闇金」、「サラ金」・・・・・こんなイメージをお持ちになる人も多いかと思います。

確かに『審査が通りやすい消費者金融』と聞くだけでお金を借りたい人にとってはなんとなく耳障りの良いフレーズに聞こえてきます。

  スポンサードリンク
 

しかし、一方で「取り立てが恐い」、「闇金だったら怖い」、「返済できなかったら怖い」、「金利が高かったら怖い」・・・・・・こんなイメージを持つ人もいるかもしれません。

ですよね・・・・審査の通りやすい消費者金融はお金を借りたい借り手にとっては非常に耳触りの良い都合の良いイメージがあると共に、少し怖いイメージが自然と沸いてくるのもいうまでもありません。

消費者金融は最近ではイメージアップでかなりソフト路線になりました。

だから今はそれほど怖いイメージはありません。

しかし、一方で昔の「サラ金」という怖いイメージを引きずっている点も否めません。

また闇金も現在も存在するので、そのイメージを持つ人もいます。

しかし、当サイトで話題にする消費者金融はあくまでも「正規の合法業者」だけとさせて頂きます、

つまり闇金でない審査の通りやすい消費者金融です。

闇金は確かに怖いですが、闇金ではない審査の通りやすい消費者金融は全然怖くありません!

むしろ、お金がなかなか借りれない人にとっては審査の通りやすい消費者金融は「神」とネットで口コミされるくらいです(笑)

だから『審査が通りやすい消費者金融のイメージ=神』としましょう🎶

審査が通りやすい消費者金融とは?

審査が通りやすい消費者金融とは、別の表現で言い表すと「審査が甘い消費者金融」ということになります。

審査が甘い消費者金融は万人向けに借りやすい融資先であります。

通常だと審査に落ちてしまいそうな人でも「あれ??審査に通ってしまった!」・・・・と申し込んだ本人がダメ元で審査を受けたらあっさり借りれてしまえるような消費者金融会社です。

では審査に落ちてしまいそうな人とは具体的にどんな人だろう。

以下、列挙してみます。

【消費者金融の審査に落ちてしまいそうな人の例】

1)属性の低い人

収入が安定していない職業についていたり、低収入だったり、職場の勤続年数が短い人、居住が安定していない人(賃貸など)、学生や主婦、若年者、お年寄り、外国人、フリーター、水商売、自営業者など。

つまり収入安定性と信用力の弱い人が属性の低い人といえます。

2)非正規雇用者

アルバイトやパート、派遣社員や契約社員など正社員のサラリーマン(正規雇用者)ではない職業の人です。

非正規雇用者は低収入が多く、また毎月の収入が安定しない人も多い。

従って消費者金融会社は審査では正規雇用者よりも非正規雇用者の方を慎重に審査を行います。

3)多重債務者

既に他社の消費者金融等で何件も借金をしている人を多重債務者といいます。

多重債務者になると当然、借金の返済が多くなり貸し倒れリスクや不払いリスク、延滞リスクが高まります。

消費者金融会社は多重債務者に対しては慎重な審査を行います

4)自営業者

自営業者はサラリーマンや公務員よりも収入安定性では不安があります。

ある日突然、事業が倒産するリスクも高いし、社会や景気の動向によって売り上げが激減するリスクもあります。

消費者金融会社は自営業者に対しては慎重な審査を行う事はいうまでもありません。

5)ブラックリスト

過去に自己破産や債務整理などをしている人は個人信用情報機関に「事故情報」が履歴として残ります。

これを俗に言う「ブラックリスト」と呼びます。

消費者金融会社はブラックリスト者には慎重な審査を行います。

以上、1~5に当てはまる人は審査が通りにくいタイプの人です。

しかし審査の通りやすい消費者金融(審査の甘い消費者金融)は、上記の1~5に当てはまっていても審査が通る場合があります。

ネットの口コミなどを見るとそれが確認できます。

2chの掲示板などのキャッシングスレなどを除いてみると、ブラックリストや多重債務者、非正規雇用者、低属性の人でも審査に通った消費者金融会社が実名でさらされているのを見かけます。